So-net無料ブログ作成

吃音・どもりでも幸せになれる [吃音]

中村祥氏の「M.R.Mプログラム」と共通点の多い吃音・どもり改善法がありましたので、紹介しておきます。


「福音式吃音(どもり)克服プログラム」


と言います。


このプログラムの基本的な考え方は・・・


吃音を完全に消し去ろうとするのではなく、吃音と上手く付き合うことで日常生活に支障がなくなれば、ちゃんと幸せになれる。それで良いではないですか。


というものです。確かに、吃音を跡形もなくすっかり無くす事が難しい以上、吃音を上手くコントロールする術を身につけた方が得策ですね。


そして面白いことに、吃音をコントロールできるようになると、吃音を殊更に意識する事がなくなるので、症状が劇的に改善するのです。


メンタル系の症状って、そういうところがありますよね。


タグ:吃音 どもり
nice!(0) 
共通テーマ:健康

吃音・どもり - M.R.M(その3) [吃音]

吃音(どもり)には潜在意識が深くかかわっています。潜在意識を相手にしなければならないのは、かなりやっかいですね。


潜在意識にアクセスするのには特別なテクニックが必要です。催眠術ではそのようなテクニックを使っています。


大昔に読んだ自己催眠に関する解説書で、次のような感じのことが書かれていました。


『潜在意識は壁で覆われていて普通の方法ではアクセスできない。催眠術ではこの壁に窓を作り、その窓を通して潜在意識にアクセスする。・・・』


いくら、顕在意識(=普通感じる意識のこと)で、こう考えなくてはいけないと思っても、それは潜在意識にはとどきません。


だから、吃音(どもり)が治らずに苦労している人が大勢いるわけですね。


でも、ちゃんと方法はあるんですよ。


中村祥氏の「M.R.Mプログラム」。


無理やり吃音を取り除こうとしても、潜在意識にはね返されます。そこで、全く違うアプローチをします。


だから、意外な治り方をするんですね。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

吃音・どもり - M.R.M(その2) [吃音]

中村祥氏の「M.R.M 吃音(どもり)完全克服プログラム」について、もう少し紹介しましょう。


このプログラムは2つのステップに分かれています。


① パラダイムシフト篇
② マインドシフト篇


①はテキスト、②はオンラインのビデオ講座です。


まあ、①が導入部、②が本編というような感じでしょうか。あくまで②がメインなのですが、①だけでも吃音の症状が軽くなる人が少なからずいるようです。


②の期間は6週間。平均的には、この6週間でかなり改善します。ただし、症状が重ければ、もう少し時間がかかることもあります。


面白いのは、プログラムを進めるに従って、自分が吃音であることなどどうでもよい事に思えてくるのです。


そうなれば、しめたもの。ある時、自分がどもっていない事に気付き、驚くでしょう。


M.R.M 吃音(どもり)完全克服プログラム」には、300人以上の改善実績があります。20年間苦しんだ吃音も改善した方法です。


吃音で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

吃音・どもり(中村祥氏) [吃音]

吃音も治せずに悩んでいる人の多い症状です。しかも、誤った方法で治そうとしているケースが多いようです。


そもそも、吃音は身体のどこかの部位が悪くて起こるものでは無く、潜在意識が深くかかわっている症状なのです。だから、身体を治そうとするトレーニングは意味が無いだけでなく、実は逆効果なのです。


このあたりの誤解や正しい改善方法は、中村祥氏の「M.R.M 吃音(どもり)完全克服プログラム」を見るとよくわかります。


このプログラムを実践すると、意外な体験をするかもしれません。吃音を治すというよりも、吃音であるかどうかなんて、もうどうでもいい事に思えてくるのです。


そして、ある日ふと気がつくと、“どもらなくなっている”のです。


タグ:吃音 どもり
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。