So-net無料ブログ作成
検索選択

腰痛解消の為の薬 [痛み]


腰痛が起こってしまったが、病院に行くほどではない場合、市販の薬を使うことが考えられます。


腰痛に効く市販の薬は主に三種類に分けられます。
飲み薬、塗り薬、貼り薬の三種類です。


飲み薬は、いわゆる痛み止めとなります。ピリン系の薬剤が多い他、副作用も色々ありますので、服用の前にはよく確認して下さい。


特に内臓疾患を抱えている方は注意する必要が多くなります。
また、15歳未満の子供は飲めない場合がほとんどです。


次に塗り薬ですが、これは様々な種類があります。成分の違いもありますが、塗った後の感触などにも違いがあります。種類が多くて何を選べばいいか分からない場合は薬剤師さんに相談するのもいいでしょう。


最後に貼り薬で、こちらも様々な種類があります。注意点としては、成分と人によっては日光でかぶれる可能性があるので、注意が必要となります。


腰痛に効く三種類の薬のいずれにも第一類医薬品があり、それは薬剤師さんからの説明を聞かないと購入できない商品となっています。


 


タグ:腰痛
nice!(0) 
共通テーマ:健康

インナーマッスルと腰痛予防 [痛み]

いま、ダイエットの方で注目されているのがインナーマッスルを鍛えて、代謝をアップさせる方法です。代謝がアップするのは体幹部の筋肉(インナーマッスル)が増強されるからです。


インナーマッスルを鍛えると姿勢がよくなります。これは、体をしっかりと支えられるようになるからです。言い換えれば、背骨への負担が減るんですね。


つまり、インナーマッスルを鍛えることで腰痛の予防になるのです。


インナーマッスルのなかでも腹横筋を鍛えるのが有効です。この筋肉はちょうどコルセットのようにお腹周りをカバーしています。そのため、天然のコルセットとも呼ばれることがあります。


腹横筋を鍛えるには、ドローインという方法が効果的です。これは、おへそ周りのお腹を30秒(以上)へこませる、という非常にシンプルなものです。若干のコツはありますが、いつでもどこでもできるメリットがあります。


すでに、腰痛で悩んでいる方はケースバイケースでしょう。腰痛を悪化させずにインナーマッスルを鍛えることさえできれば、腰痛が改善する可能性が十分にあります。自分の体のなかにコルセットを作るようなものですから。


 


nice!(0) 
共通テーマ:健康

坐骨神経痛改善トレーニング(健友館) [痛み]

今までに、15,000人以上の坐骨神経痛を改善したという健友館が、その方法を公開しています。


坐骨神経痛改善トレーニング】(DVD)


本来は、健友館で直接指導を受けるのがベストだと思いますが、なかなか訪問できない人は上記のDVDを利用するとよいでしょう。


特に、手術を考えている人は、決める前に上記DVD(または健友館訪問)を1度検討してみて欲しいと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

理学整体による腰痛改善(酒井和彦先生) [痛み]

体の痛みの中でも、腰痛は最も治り難いものの1つではないでしょうか。病院では、レントゲン検査などで特別な異常がなければ、湿布や痛み止めの薬などを用いながら様子を見るということになりがちです。


腰痛の主な原因は筋肉のバランスが崩れていることなのですが、これは病院が“病気”と見なすようなものではない、ということなのでしょう。症状を和らげる対症療法しか行ってもらえないことが多いですよね。


実は、筋肉のバランスを整えると腰痛は少しずつ解消していくのです。興味のある方は、理学整体について調べてみるとよいでしょう。


理学整体は人間が本来持っている自然治癒力を高めて、体の諸症状を緩和する手法です。薬などは使わないので、副作用の心配はありません。


自宅で気軽に理学整体を試してみたい方には、「酒井和彦の腰痛改善プログラム」というDVDもあります。(酒井先生は神の手を持つと言われる方です。)


nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。