So-net無料ブログ作成
高血圧 ブログトップ

藤城博先生の高血圧食事療法 [高血圧]

高血圧で医者にかかると、塩分を控えて薬(降圧剤)を飲むことになります。


塩分に関しては以前述べたように、日本人には塩分で高血圧になる人が少ないようです。日本人の50%は塩分を摂っても高血圧にならないそうです。


高血圧の薬に関しては血圧を一時的に下げるだけのもので、高血圧を根本的に治すことは出来ません。つまり、一生飲み続けなければならないわけです。無害ならそれも1つの方法だと思いますが、降圧剤には数々の副作用があります。もっと、根本的に治療する方法はないのでしょうか?


そのように考える人がいろいろ情報を探し、そしてやってくるのが藤城博先生の高血圧食事療法の合宿セミナーです。主治医もびっくりするような結果(血圧の正常化)を出している人も少なくありません。


合宿セミナーはたいへんだという人には、


藤城式高血圧改善食事法のDVDマニュアル


もあります。参考にしてください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

食事で高血圧を改善する方法(藤城博先生) [高血圧]

藤城博先生の「藤城式高血圧改善食事法」は、高血圧の患者さんにぜひ知っておいて欲しいと思います。


高血圧で医者に診てもらうと、塩分を控えるように指導されますよね。ところが、日本人の場合には、高血圧に塩分が関係している人は少ないのです。


東大の藤田敏郎教授の研究によると、食塩が高血圧に直結する人は20%しかおらず、逆に食塩を摂っても血圧が上がらない人が50%もいるのです。


つまり、ハッキリ言うと、少なく見積っても半分の患者さんは食塩を控えても高血圧が治らないのです。(もしかすると、8割近くがそうかもしれません。)


あなたは、それでも黙ってマズイ減塩食を食べますか?


なぜ、こんな事になっているのかと言うと、そこには驚愕の事実があったのです。
このあたりの事情については、こちらをご覧下さい。


nice!(0) 
共通テーマ:健康
高血圧 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。