So-net無料ブログ作成

肥満の人が体重を減らす生活習慣 [一般]


肥満の人が体重を減らそうと思ったら、いきなり激しい運動や厳しい食事制限をするのはやめたほうが良いといいます。肥満の人が体重を減らそうとする時は、生活の改善から着手してください。


たくさん食べていることが肥満の原因にある場合が多いですので、しっかり噛むように意識づけをしましょう。口に物を入れたら30回噛んで次の一口を入れます。咀嚼することによって脳内にヒスタミンを増やし、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があるといいます。


もともと食べ過ぎの傾向が肥満の人にはありますので、手始めにその点を直すことで、体重は自然と減っていきます。


食事を摂る時間ですが、夜9時以降は食べないようにしましょう。夜遅く食べると摂取した栄養がエネルギーとして消費されにくいのです。仕事などで夜9時以降しか食事が摂れないという人は、夜食の炭水化物を半分にする、全体の量を減らすなどの工夫をしましょう。


体重を減らすために食事を減らす必要があるとはいうものの、朝ご飯はしっかり摂りましょう。朝ご飯を抜くことは、ダイエットには逆効果です。ストレスが食べ過ぎの一因ですが、このストレスに対して効果があるというセロトニンは、朝ご飯を食べることで脳に供給されることが理由です。


肥満の人は食事だけが原因で体重が増加しているわけではありません。運動不足もその大きな原因です。エレベーターを使わないようにたり、ちょっとした移動ならば乗り物を使わないといった取り組みが効果を発揮します。けっして無理はせず1日1回は階段を上るなどとルールを決めて、取り組むことがポイントです。体重を減らして肥満解消をしたい人は生活習慣から少しずつ改善していきましょう。

 


タグ:肥満
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。