So-net無料ブログ作成
検索選択

AGE:病気・老化のもと [一般]


病気や老化のもととして、テレビなどでも取り上げられているものにAGEがあります。日本語では終末糖化産物といいます。


AGEは、糖分が蛋白質と結合して熱が加わったもの。柔らかかった蛋白質の組織が硬くなり、色が茶色っぽくなります。老化した肌がまさにAGEです。肌の場合には、コラーゲン線維が蛋白質。それに糖分が結合することでAGEとなります。


肌以外でも体の様々な部位でAGEが作られ、病気を引き起こします。


血管 ⇒ 動脈硬化
眼球 ⇒ 白内障
骨 ⇒ 骨粗鬆症
脳 ⇒ アルツハイマー性の認知症


対策は、糖質の摂取量を控えること。血糖値が上がるだけでも駄目なので、甘くなくても炭水化物は要注意。野菜などの食物繊維を先に食べてから炭水化物を食べれば、血糖値の上昇を抑える効果があります。


また、すでに出来上がったAGEを食べて体に蓄積される事もあります。ホットケーキ、ワッフル、ベーコン、ステーキ、鳥から揚げなどの焦げ目の部分が代表的なAGEです。これらを控えることも、効果があります。


 


タグ:âge
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。